日本モデリスト協会 日本モデリスト協会 工場へ行こう 掲示版 入会案内
JNMAニュース コラム リンク  
  モデリストとは何か?
  いま何故、モデリストなのか?
  モデリストとして地位の向上を
  目的と活動
  会員は個人登録制で

モデリストとは何か?

・モデリストとは、第一義的には、モデル、つまり型紙を作る人という意味です。従って、日本で現在、パターンメーカー(パタンナー)と呼ばれている職種の人は、モデリストとしての初歩的要件の一つを備えていますが、それだけでは不十分です。
・真のモデリスト(イタリアにおけるチーフ・モデリスト)とは、デザイナーと相対しながら、原型パターン作成から応用−試作サンプル−最終サンプル−工業パターン作成の全てに関与し、生産現場への指示・説明を行い、最終製品に対して品質・技術面で責任を負う立場にある人を言います。
・このため、チーフ・モデリストに求められる知識や能力・技能・役割は広範囲に及び、長い年月にわたる経験と自己研鑽を必要とします。従って、専門学校等を卒業して入社間もないアシスタント・モデリストをはじめ、多くのパターン技術者にとって、チーフ・モデリストは目標とすべき技術者像です。




いま何故、モデリストなのか?

・わが国においては、アパレル(衣料品、ファッション商品)のモノ作りは、アパレルメーカー(卸)と縫製メーカー(縫製工場)に分断されているのが一般的です。このため、婦人服によく見られるケースですが、アパレルメーカーに所属するパターンメーカー(狭義のモデリスト)は、生産現場との十分なコミュニケーションがないまま、そのままでは縫えないパターンを工場に支給するケースが多いのが実情です。
・このため、生産現場では、工場のパターン担当者によって「縫えるパターン」に修正するところも多く見られます。こうした重複作業は、トータルでみたとき、非常な無駄(時間的、コスト的)を生み出しており、コスト高の要因の一つになっているだけでなく、一方で、デザイナーなどアパレルの企画サイドの感性や意図が十分に反映されない服となるケースも少なくありません。
・感性、品質、コスト、デリバリーなど全てにおいて、地球規模の競争を余儀なくされている今日、こうした日本のモノ作りの構造を基本的に見直す時期にきています。アパレル側のパターンメーカーはもっと縫製現場とのコミュニケーションを密にし、それをパターンに反映することの出来るパターンメーカーに脱皮すべきですし、さもなければ、生産現場側がアパレルメーカー側の機能の一部を取り込み、絵型だけ、あるいは、ファーストパターンだけもらい、あとは工場側で工業パターンに作りかえられる人材=モデリストを育成すべきです。
・以上から、従来のパターンメーカー(パタンナー)でもない、工場のパターン修正担当者でもない、目指すべきモノ作りの高度な技術職として「モデリスト」をとらえ、自らをその位置まで高め、あるいはその育成を図ることが非常に重要になっています。
(※日本の現状に照らして、モデリストの定義を端的に表現すれば「縫製と素材がわかるパターンメーカー」であり、「パターンと企画意図がわかる縫製技術者」になります。)




モデリストとして地位の向上を

・長引く不況と厳しい国際競争の激化の中で、パターン・設計部門にも「リストラ」の波が押し寄せてきています。そうした中で、パターンを含むモノ作りを外部に委託する「アウトソーシング」の傾向がますます強まっています。一方、アパレル工場においては、不完全なまま来たパターンを完全な工業パターンにする作業が、必ずしも付加価値として認められない状態が続いています。
・こうした状況は、「営業主導」あるいは「商主導」できた、わが国アパレル産業のかかえる構造的な問題の帰結とはいえ、技術者の価値が正当に評価されていないことの表われです。今はアパレル、工場といった立場の違いを超えて、技術者同士が共に、こうした状況を変えていく時ではないかと考えます。そのための共通の基盤が出来てきたことも事実です。技術者が個としての自立を求められていることは、むしろ技術者同士が連帯する好機と言えます。
・以上から、パターンメーカーをはじめアパレルの技術者が自らをモデリストにまで高めるための研鑚の場であり、モデリストの利益を守り、地位の向上を図る全国的な団体として、日本モデリスト協会(英文名:JAPAN MODELIST ASSOCIATION=略称JNMA)を設立するに至りました。



Copyright (C) 2006 Japan Modelist Association. All Rights Reserved.